腸 役割

MENU

腸の役割、腸と健康

大腸の主な役割は食べ物のカスから水分を再吸収して腸内細菌で便を作ることです。
それだけではなく、異物から体を守るための免疫機能に関して重要な役割をもっています。
またビタミンや脂肪酸などの腸内細菌が作り出した物質を再吸収して栄養とする役割もあります。
腸は健康維持において大きな役割を持っているのです。
腸には腸神経系という神経系が備わっており脳の中枢神経系とお互いに影響を与え合いながら働いています。
腸内環境が悪い状態ですと腸神経系が上手く働かずに、脳の働きにも影響をあたえるのです。
腸の状態は、体全体に影響を与えます。

 

腸は免疫機能に重要な器官です。
なぜなら全身の免疫細胞の60~80%が腸に集中しているからなのです。
小腸の末端「パイエル板」といわれるところでもっとも多く集まっています。
ここが体内におけるリンパの大基地のような役割を担っています。
この腸の免疫機能を「腸管免疫」といいます。
腸の状態が悪いと腸管免疫も上手く働かず、免疫力が低下して病気やアレルギー症状の原因となります。
腸の健康状態は体の健康状態と直結します。